ドイツで物件探し(2016/11/20)

夫が独身時代から住んでた2LDKに結婚してからも住んでいるのですが、「いずれ子どももできるだろうし、大きな部屋探したいね〜」と話しています。

わたしは18歳の時に実家を出て以来、日本で3度、ドイツで3度の引越しをしているのですが、その全てで「マジやばい、早く新しい家見つけないと住むとこない」っていう切迫した事情により家探しを始めており、だいぶ不利な条件で入居したりがとても多かったのです。

今回は別に「今の家でもいいけど、少し大きな家に引っ越してもいいよね〜ちょっとずつ探していこうか〜」という家探しなので、全然追い詰められておらずめちゃくちゃ楽しいです。

 

よく覗くサイトは以下

一番使いやすい。地図上に物件の位置表示ができるのが便利でしょうがない、地域名とか郵便番号(PLZ)とか書かれてもわかんないので。

見やすい

WGのみっぽい名前だけど普通に普通の部屋も探せるよ

たまに他のサイトに載ってない物件があるのでちょこっとチェックします。

 

こういうサイトを見ててたまに見つけるのが「Tausch」とか「Tauschwohnung」とかっていう単語。
部屋を交換しませんか?っていう提案(Angebot)なんですけど、日本にはない制度ですよね。
夫に聞いたところ、自分たちが引っ越す(Ausziehen)時にすでに次の住人を見つけていることで部屋の引渡しをスムーズにすることができるのがメリットだそうで、新しい部屋を見つけたけどまだ引越し完了できないから二重に家賃を払わなくちゃいけない!っていうのを避けたり、部屋の壁が猫のせいでボロボロなんだけど次に入る人たちがDIYするって言ってくれてるから自分たちで張り替えなくてもいいとか、そういうことが有りうるんだそうです。

きょうみぶか〜〜〜い。

 

今のところあまり興味を引く物件は見つかってなくて、1件だけ「見に行けたらいこか〜」っていうところにメールを出してみたくらいです。

文章は夫に考えてもらったのですが、

Guten Tag, mein Mann und Ich sind der Zeit auf der Suche nach einer größeren Wohnung in 地名. Ihr Angebot interessiert uns sehr. Wir würden gerne für einer Besichtigung vorbei kommen. Mit freundlich Grüße, 名前

というわりかしサクッとしたもの。

 

引越しはしんどいけど、大きな部屋に引っ越すのはなんか夢があっていいですね〜。こうなんか、生活が充実し始めてるっていう感じがします。

 

新しい家に引っ越したら、ぜ〜〜〜〜〜ったいに夫の趣味で家具は買わないんです、夫はアホだから「黒がいい」ってしか言わないし、布だし、猫おるのに、まぁでもわたしもそんなにセンスがいいわけではないので相談しつつになるとは思うのですが、ぜったいに、ぜったいに黒だけの家具は買わないんです、ぜったいに!

 

おわり

 

ランキング参加してます
よかったらワンクリックお願いします◎ 


人気ブログランキングへ 

広告を非表示にする