お前が言うたんやろ2(2016/05/29)

え〜〜〜〜〜〜と、昨日の続きを書いていたのですが、書いてる途中でパソコンを再起動させてしまって全部消えたので全てのやる気も一緒に消えました。

ざくっといきます。

飲み会に行って帰って寝て次の日起きてStreetfestを3つはしごして帰ってきてそのあいだずっと気まずくて、帰ってきて「このまんまの状態でいいの?」って聞いたら「いいわけない」みたいなことを言うくせにそれ以外何も言わんからぶちぎれて

「わたしには『口に出さない感情はないのと同じ』『言わないくせに態度が悪いとか最悪』って言うくせに自分は構ってちゃんで何でもないっていいながらお祭りに行っても勝手に1人で歩いていくしご飯作っても何も言わんし行ってること矛盾してるのがわかんないわけ?」

「…ごめん」

「うん、わかった。で、何が不満なん」

「…」

ごめんしか言わんのかい!!!!!!!!!!
なんでそんな態度してんのか言えってゆうとんねん!!!!!!

ほんまにこいつ話通じひんってなって大号泣して「もういいあなたと話すことなんてもう何一つない、構ってちゃん察してちゃんを嫌ってたのは自分のくせに、わたしにそれを求めないで」って言い放って1人でベッドルームに逃げ込んであー結婚生活も終わりかー早かったなー結婚式楽しかったのにみんなになんていうかなーとか思いながら日本行きの航空券をスカイスキャナーで検索し始めました。

したら今の時期安いんか、600ユーロ切る値段で往復のチケットがあったんですね。550ユーロとか普通にあって、「え、今すぐ帰れちゃうじゃん、クレジットきらんでも普通に買える…」ってなったところで

(あ、そうか私いつでも日本に帰れるんだ、ここ(ドイツ)で夫がいる家がわたしの家だと思ってたけど、結婚するまでだって実家を出て1人で暮らしていたんだから帰っても生活できる、わたしならできる!)

ってすごく道がパーーーッと拓けた感じがしたんです。

そしたら何もかもが「どうにでもな〜〜〜〜れ」ってなったので(笑)夫のいるリビングに戻って「夫よ、わたしは君のことを愛しているし、出来ればずっと一緒にいたいと思ってる。君を失いたくない。」とイケメンなことを伝え、「ぼ、ぼくもだよ〜〜〜〜」と号泣する夫と抱き合い全てを許したのであった…(終)

(終)じゃないですよね。本当に話し合い(と言っても私が一方的に「なんで何も言わないの」って聞いてただけですが)の間じゅう夫はもうわたしのことなんて必要なくて飽き飽きしててだから何も言わないんだと思っていたんですけれど、実際はそうではなく「手も握らず、愛してるも言わず(わたしたちは何もなくとも隣にいる相手にich liebe dichを伝える生活をしているので)ただ聞いてくるだけの人に話すのは無理だ」と思っていたらしく、だとしたら本当に付き合っていた時や今までの喧嘩で私が何も言わないことを詰問し続けた夫はなんなんだ、ということになるのですが本当に本当に自分のしたことに気づいていないただのアホだったようで、しっかり詰めておきました。

にしてもわたしが先にさじを投げて別の部屋に移動するのは初めてだったので夫は本当に恐怖を感じたらしく男泣きしていたのでめずらしいもん見れたしまぁいいか、と。

夫との喧嘩って、夫にとっては母語、私にとっては第二言語であるドイツ語でするので基本不利(話し合いではなく喧嘩であるという考え、これは闘い)なんですけど、今回はわたしも納得いく形になってよかったなと思います。夫には言ってないけど、次同じことやったら本当に日本帰ったろと自分への慰めにしています。そうしたくなるくらい私だって傷ついたんだから。

でも夫のことは大事だしもう今回のことは忘れます。

この忘れるのが難しいんだけど努力して(笑)

あーーー書いてスッキリした、実際わたしも悪かったところはあるかもしれないけどすっごく悪口書いてよかった、元々の(消えてしまった)文章も、消しちゃってよかったのかもしれない、すごく夫を悪く書いてたし(笑)

というわけで本日の夕ご飯を考える作業に移ります〜〜〜。

 

ランキングがあがると夕ご飯のランクもあがります(嬉しいから)

 
人気ブログランキングへ