ハイコンテクスト言語の逆襲(2016/05/16)

だいたいドイツ時間の19時とか20時頃に日記を書いているのですが、そうなると日本時間だとすでに「次の日」になっていてはてなのシステムとわたしがタイトルの後に毎回書いている日付がずれてしまうみたいですね。これ設定とかでどうにかなるんですかね。そんなに困ってないしわたしにとって大事なのは自分で書き込んでいる方の日付って決まってるのでどうでもいいっちゃいいんですけどね。

さて。わたしはランキングに参加してからやはりランキングが上の人のブログを覗いてみよう、面白いんだろうなフフフなどと気持ち悪い笑みを浮かべながらブログランキングを徘徊していたりするのですが、その中でも可愛い絵日記をアップロードしてらっしゃる「ドイチュ君と私」というブログで興味深い記事を見つけました。

ドイチュ君と私: 嗚呼ハイコンテクスト

「そうそうそうそうそうそうそうそう!!!!!!!!!!」と首がもげるかと思うくらい頷いてしまいました。ブログの中で「言葉にしなければ無」と書いていらっしゃるんですけど本当にそうなんです。わたしのことになりますがこちらに来て夫と喧嘩するたびに思い知らされているんですが、めっちゃ怒るんですよね夫、「Sprich mit mir!」って。(あと「Hör auf zu weinen」笑)「ささみ(わたしのことです)がなにを思っていようが言わなくちゃわからない。僕はささみのこころを読めないし、君だって僕の心を読む事なんて出来ないんだから、言わないってことは話し合いを拒否してるってことだよ」ってもう何度言われたことか。でも言ったら行ったで「でも」って反論されるからほんと何も言いたくなくなっちゃうんですけどね。この荘さんのブログを読んでそうなんだよね、言語の作りが違うんだからしようがないことで、別に夫のせいではないしそういう言語文化圏の人と結婚したんだから歩み寄らないといけないんだよな〜と少し優しくなれたような気がしました。でも夫は絶対にわたしの言語文化に寄り添ってはこないからそれはそれでまたイライラするんですけどね(笑)

この記事もとても面白かったです。

ドイチュ君と私: Der Plan und um 9 Uhr

この 「Um 9 Uhr」の方なんですけど、この何度も「noch mal?」って聞き返して最終的に「wieso sagst du gleiches Wort obwohl ich nicht ok sage!」って出てくるのもハイコンテクスト言語圏の考え方なんだろうなと。この相手に空気を読ませる(という言葉しか出てこないんですけどなんというんだろう、言わんでもわかるやろ文化)というのは本当に通用しないんだなという。まぁドイチュ君は自分が間違っていることを理解してかつそれがずれていたんですけれども、うちの夫だったら絶対そのまま繰り返して最終的に「は?間違ってるならそう言ってよ!!!!!!」ってなるやろな…と。はぁ、夫、日本語勉強してくれないかな〜。

 

 
人気ブログランキングへ

広告を非表示にする