読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『To-y』とわたし(2015/12/01)(公開2016/04/07)

わたしのこと

大阪も冷えが厳しくなってきて私もやっと手袋を買いました。800円が20%OFFになっていたのでとてもお買い得だったのですが、最初に見つけた深緑の綺麗な手袋は指のところがほつれていて、店員さんに同じ色で在庫はありませんかと伺うもそれがラストだったため泣く泣く別の色で妥協しました。そちらも真っ白でとても可愛いのだけれど白いとほら、汚れが目立ったりするじゃない…?

毎朝7時に家を出て、自転車でアルバイト先へ行っているので手袋は必須。第一希望じゃなかったけどよろしく頼みます。

 

ドイツ人が来日するまで1ヶ月を切った。スカイプは毎朝アルバイトの前に1時間ほど、休日になれば1日中付けっぱなしなので、来日したら話すことがたくさんあるの!とかいう状態ではないけれども、やはり生身のドイツ人が目の前にいるっていうのはめちゃんこ嬉しいので早く来ないかな〜と指折り数える日々です。
昨日は1日何もない日で、部屋でゴロゴロしつつ卒論のための本を流し読みしつつドイツ人とスカイプしていたのですが、そこで「私たちの関係が変わってしまう可能性」について話しあった。例えば今まで(私がドイツにいた時)のように一緒にご飯を食べられなくなる可能性、例えば私が仕事をしたくないって言い出す可能性、例えばふたりでソファに寝転んでドラマを一緒に見なくなる可能性、例えばセックスを拒否される可能性などなど。

はっきり言って関係性が変わるきっかけや、可能性なんてどうしようもないくらいそこらへんにあるし、あるいはきっかけなんてないかもしれない、いつの間にかそうなっていたり、よくわからないけれど今日から無理!ってなるかもしれない。そんなものを怖がられてもどうしようもないと思う。